日米学院マネージャーのブログ

日米学院マネージャーのつぶやきだと思ってください。

海外

2017.9 台湾 4/4 占い横丁

最後の日、行きたかった占いに。


ガイドさんに紹介されていったところがこちらだったのですが、

DSCN0981

料金が日本円で¥2,000- ぐらいと聞いて予約してもらったのですが、朝9:00の予約で行くと、
¥4,000- だったので断念。

諦めて行店宮の近くを歩いていると、偶然見つけました!

DSCN0984

ここから階段で地下に降ります。

DSCN0985

全部のブースが開いてなかったのですが、日本語OKと書いているこのブースに行きました。

右が占いの先生で、左の方が通訳でした。

料金は、日本円で¥2,000- のコースでお願いしました。

重要事項は左の人が紙に書いてくれます。言われたことは自分の希望の通りだったので
ハッピーな気持ちになりました。当たっているといいな。

有名な先生だったらしく、たくさん日本の芸能人の写真がありました。

DSCN0987
DSCN0993





2017.9 台湾 3/4  九分

今回の台湾旅行のハイライト、二日目、九分のオプションです。

夜の九分も提灯に明かりが灯って素敵ですが、私たちは朝7:30ホテルピックアップ、軽食を食べて13:30頃ホテルに帰りました。

思ったよりコンパクトにまとまった観光地なので数時間で十分でした。個人で公共交通機関で行くのは大変そうなうだったので、台北からのオプションをお勧めします。

DSCN0902

有名なお茶屋さん 阿妹茶酒館
宮崎駿監督作品の【千と千尋の神隠し】の湯婆婆の湯屋のモデルになったと言われているお茶屋です。九分に行ったら外せないスポットです。

DSCN0906


DSCN0907

まだ午前中だったのでテラス席で、ゆっくりお茶することが出来ました。
冷たい(飲み放題)お茶とお菓子のセットです。

DSCN0908

お茶屋さんテラス席からの景色。天気が良かったので遠くまでよく見えました。
九分は山の方にあり、雨が多いらしいのですがこの日はばっちりお天気でした。

DSCN0917

九分街並み

DSCN0925

「花鳥字画(花文字)」のお店で自分の名前を書いてもらいました。欲張って健康とお金がたまるように、来福招財、願いを込めて。






















DSCN0926

なんかゆで卵だと思うんですが、お茶の葉で茹でてるようでした。

DSCN0930

台北から九分に向かうバスの中から撮った、こちらのお墓です。
お家みたいになっていました。






2017.9 台湾 2/4 寧夏夜市

台湾の夜市と言えば士林が有名ですが、今回は寧夏に行きました。


台湾到着したのが、夕方だったので、荷物を置いてほとんどすぐに出発。
こじんまりしていて食べ物中心で、私にとっては理想的な夜市でした。

DSCN0895

DSCN0893


DSCN0888

この夜市で一番有名なお店。ここでは牡蠣が入ったお好み焼きのようなものが人気のお店です。

DSCN0889

丸い大きな鉄板の上で、一気に何人分も作っています。卵をたくさん使うのかお店の外にも大きなタライに入れて何個も並べていました。

DSCN0890

上のソースがなんか不思議な感じ。あんまり味が濃いくは有りません。まあまあかな。

DSCN0891

DSCN0892

ここはチャーハンのお店です。

DSCN0894

海老チャーハンを注文しました。おいしかったです。

DSCN0887

こちらは、ビーフンとスープのお店。ビーフンを食べましたが、めちゃくちゃおいしかったです。
オイスターソースかな?
DSCN0935

そして果物屋さんで釈迦糖と台湾のアップルマンゴーを購入。釈迦頭 バンレイシ は初めて食べました。日本の梨のような味でした。





2017.9 台湾 1/4 冷たいデザート


2017のシルバーウィークは年明け早々に台湾旅行を2泊3日で予約してました。

台湾は2回目でしたが、計画していた事は全て実行し、mission complete !!

気温は30℃+2〜3、湿度80%以上ぐらいだったので汗💦いっぱいかきました。

なんで冷たいデザート沢山たべました。

DSCN0898

街の中には、こんな氷のデザートを出すところが何軒かあります。やっぱりマンゴーが最初食べたかったのですが、ちょっと値段高めです。
台湾元はこの時は、台湾元×4ぐらいなので、180元は720円くらいです。でも多分量が多いと思います。結局私は食べませんでしたが。二人ぐらいで食べたらちょうどいいかも。

それよりもぐにゅっとしたお餅のような物、ゼリー、豆等いろいろ氷の上にのっているのに心惹かれてしまいました。多分ここでしか食べられないかもと思ったので。

DSCN0897

やさしい甘さです。いろいろなテクスチャーが楽しめました。

DSCN0924
九份 キュウフンで食べたデザート。

DSCN0920

ぐにゅっとしていたのは、タロイモの団子だったようです。

DSCN0922

たぶん、タロイモ団子を作っています。

DSCN0921

氷の上の他のトッピングは小豆とか何種類かありました。

DSCN0997

最後の日、時間があまりない中で新光三越地下で食べました。ピーナッツがたくさん!

DSCN0998

こちらも三越地下。



























2012.2 イタリア旅行 その1 注意点等

イタリアに行ったのは30年ぶりでした。すっかり忘れていたので初めて行ったような感じでした。

2月というとヨーロッパではシーズンオフ(夏がハイシーズンです。)の時期なのですが、ローマとナポリはとても暖かく冬の恰好をしていると汗ばむ陽気で、そういえば風もなかったような気がします。でも夕方夜はだんだんと気温が下がってくるのでコートは必要です。

航空券とホテルのみ購入したので、自分の足で回りました。ガイドもオプションもなく、困ったことがたくさんあったけど、総合的には楽しかったです。

イタリアのローマとナポリしか今回は行きませんでしたが、気が付いた事や注意点(反省点?)をまとめました。

1. スリに注意
イタリアはスリが多いというのは知っていましたが、私自身が被害者になってしまいました。
ナポリでバスに乗っていてスリに合い、iphoneを盗られました。財布等も持っていましたが、他の被害はありませんでした。iphoneは狙われやすいので持っていかない方がいいかも。

観光中より、バスが危険だと思いました。というのが人と密着する状況になるのがバスぐらいだからです。メトロや電車も乗りましたがそれほど混んでなかったので。まあ乗り物が危険かな。

海外旅行傷害保険を使うために警察署に行って盗難証明書を貰ってきましたが、これをするのが大変でした。ホテルで聞いて中央駅の警察に行きましたが、最初の所は閉まっていて、次に教えてもらって行ったところでは、メトロの何とか駅にある警察署に行けと言われました。これを見つけるのに何人もの人に聞き、迷いながらやっと着きましたが、他の人がたくさん待っていて移動も含めて2~3時間くらいかかりました。

最後は近くまで来ていたので、そこを通っていた人に聞いたら警察署まで連れて行ってくれたのですが、大きく書いている看板とかがなく、多分自分達では警察署だとわからなくて通り過ぎていただろうと思います。

まあ気を付けていてもスリに合うかもしれませんが、保険を使うには現地で警察の証明書がいるのでやっかいです。時間がないと警察まで行けないしね。

私の場合はすぐに友達の携帯を借りて、電話会社に電話し使用できないようにしました。それから警察署に向かいました。ちなみに4ケタの番号でロックしていたし、指紋認証も入れていました。auのショップの人によると、中のデーターを全部消去して売り飛ばすことは可能ですが、データを見られることは可能性が低いということでした。すこし安心しました。

2. トイレは便座がない?お金がかかる?
以前ヨーロッパに来たときに学んだことは、水はただではない、トイレはただではない、ということです。水よりビールのほうが安いところがありました。

まあ水はともかく、有料のトイレがあります。私が使った有料のトイレは駅や観光地近くのビルの中でした。安いところは0.5ユーロ、あとは1ユーロでした。0.5ユーロの所はお掃除の人がいなくて機械にお金を入れるところでしたので、ちょっと汚かったです。

もちろんカフェやレストラン、デパートなどでは無料です。

多くのトイレでなぜか便座がありませんでした。

DSCN0625
仕方がないので、トイレットペーパーで縁を拭いてから座ってましたけど。

それと、シンクで手洗いするときにセンサーも蛇口もなかったら、床の方を見てみてください。最初はわからなかったのですが、足元に踏むところがあってそこを踏むと水が出るかも。

3. メトロは他の電車と乗り場が同じ(ナポリ)
メトロは完全に他の電車と分かれていると思っていた先入観が間違いでした。他の郊外に行く電車とプラットホームをシェアしているので、注意が必要です。

ナポリからポンペイに電車で行ったのですが、乗り場がなかなかわからず焦りました。そうしたら私の持っていたチケットの電車は、メトロの乗り場と同じで、電車を選んで乗れば良かったということがわかりました。

それに、どうもポンペイに行く電車は3種類(以上?)くらいあるみたいです。ナポリの中央駅の地上階、地下1階にもたくさん乗り場があります。電車の会社が違うと当然乗り場も変わります。
私の買ったチケットは行きだけで、2.6ユーロでした。めちゃくちゃ安いと思いました。ナポリからのガイド付きのバスツアーが50ユーロだったので、すごく得した気分になりました。ナポリから約40ぐらいでポンペイに到着しました。

このチケットを買うときに、ちょっと失敗してしまいました。というのが、チケット売り場で詳しく聞こうと思い、チケット売り場にわざわざ行って並んでいたら(機械で簡単に購入できる。)男の人に声を掛けられました。チケット売り場という閉ざされた空間の中にその人がいたので、当然その電車の会社の人だと思っていたのですが、モニターでチケットを購入後に、50ユーロくれないかと言われて戸惑いました。どうもチケットを機械で買うのを手伝う代わりにおこずかい稼ぎをしている個人の人だったようです。ちょうど0.50ユーロなく、もっていた小銭を彼に渡しました。多分0.40ユーロぐらい。

後でわかったのですが、このチケットはホテルで受け付けの女の人がわざわざ書いてくれた電車の会社とその最終目的地とは違っていました。それは別の会社のチケットで、ポンペイには行くのですが、最終目的地も違うのでよけい混乱して探すのに時間がかかりました。

もちろんイタリア語は出来ないし、現地の事情もよくわからず失敗はたくさんありましたが、まあ結局行きたいところには行けたし、食べ物おいしかったし、まあ思い出にはなりましたよね。

4. 免税手続き
免税 TAX-FREE 取扱い店で、同日に同じお店で154.94ユーロ以上買い物をすると、消費税VATが返金されます。

  • ショッピング最低購入金額=154.94ユーロ
  • 最高払い戻し率(タックスフリー):2%~14.5%
  • IVA(付加価値税)は靴・衣料品・生地製品に20%、食料品に10%、特殊食料品4%課税。1店舗での買い物が税金込みの店頭表示価格で154.94ユーロ以上の場合は免税手続き可能。購入日より3ヶ月以内に申請。
  • 申請対象品は未使用であることが条件です。購入時の梱包やシールははがさない方が無難です。はがす場合もきれいにね!通常は21%、あとは物によって軽減税率があるようです。


    多分カスタマーサービスかお金を支払うところで免税の書類をお店の人が作ってくれます。パスポートが必要です。この書類がないと払い戻しは受けられません。

    私はローマで買い物をして、帰りはナポリからだったので、ローマの空港で税金をユーロの現金で受け取りました。クレジットカードで受け取る場合は、書類にクレジットカードの詳細を記入してそれ専用のポストに入れます。

    ローマの空港の免税の手続きの時に気が付いたのですが、この免税手続きの窓口が2種類以上あって、お店によっていく窓口が違います。まあ両方近くにあるのですぐでしたが。ナポリではポストしかないので、現金は受け取れませんでした。

  • 5. しつこいタクシーに注意
    値切るときは、ちょうどの小銭を用意してください。というか、私達、値切ってないけどね。

    ナポリの中央駅からリムジンバスで空港行のバスを待っていました。ちなみに所要時間は20分で運賃は4ユーロ。ちょうどの小銭を用意していましたが、ホテルのチェックアウトの時に税金を払うのにホテル側が小銭がなくて紙幣をくれて、ちょうどの小銭を持っていませんでした。

    するとしつこいタクシー運転手が二人で10ユーロでタクシーに乗らないかと勧誘に。私たちは節約したかったのでリムジンバスを待っていたわけで、時間も余裕があったのであんまり相手にしませんでした。

    するとそのしつこいタクシー運転手がまたやって来て、二人で8ユーロにするから乗らないかと。まあバスと同じ料金ならいいかと、乗ったのはよかったのですがちょうどなくて、10ユーロ紙幣を出すと、おつりを請求したのに、「二人で10ユーロ!」と言ってすごい形相でタクシーに乗って逃げ去りました。

    たくさんの人たちに親切に道を教えてもらい、イタリア人皆が悪人ではないことはわかりますが、スリやこうゆうせこいタクシー運転手がいるのも確かです。まあこの件についての被害は二人で2ユーロだったのですぐ忘れることにしましたが、次回への反省点にします。

    記事検索
    livedoor プロフィール
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ