日米学院マネージャーのブログ

日米学院マネージャーのつぶやきだと思ってください。

よもやま話

てるみくらぶ 3/27に破産手続き

1週間ぐらい前に、「てるみくらぶ」が破産したとニュースで報道され、ものすごくびっくりしました。

実は私もほんの1-2年前Yahooトラベルで検索して、「てるみくらぶ」にお世話になり多分グアムに行きました。航空券とホテルのセットで添乗員とかはいませんでした。破産前で、無事に行って帰ってこれて良かった、と安堵しています。

旅行前の人は旅行はおじゃん、そして支払金が1%ぐらいしか返金されず、旅行中の人はホテル代をすでに払っているのにもかかわらず、現地でまた支払うことになったりと影響が約36,000人に及んでいるそうです。

2月にイタリアに行ったのもネットで探した格安旅行会社を利用して、航空券とホテルのセットを購入しました。安い旅行って、ほとんどがクレジットカード使用不可で、現金振り込みが断然多いですよね。まだ出発していない、てるみくらぶの支払い済みの旅行代金がクレジットカード払いだと全額返金(支払い停止)してもらえた人もいたとか。

素人が「てるみくらぶ」の破産を予測するのは不可能だったでしょう。現金払いは、格安旅行会社だと普通だし、何の疑いもなく今まで私も振り込んでましたから。実は9月にも安い台湾旅行を予約、支払を済ませています。多分大丈夫だとは思うのですが。

不思議なのは、「てるみくらぶ」が他社に比べて断然安いということでもない、ということです。「自由自在」という名前でもてるみくらぶは旅行商品を販売していたようですが。同じような格安旅行会社が破産しないとは限りませんよね。

調べてみると「てるみくらぶ」の資本金 6000万円、従業員130名、2016年9月の売り上げは195億円でした。

これでも倒産するんですね。お客がたくさんいれば繁盛する(利益が出る)というロジックは通用しないんですね。3/27に破産手続き開始で、負債額は151億円だそうです。

ネットで読んだ記事によると破産の原因は、

①人件費と広告費の増加
②円安
③消費者が旅行会社を格安でも利用しなくなった(自身で航空券とホテルを予約)
④航空会社が機体の小型化を進めたこと

等でした。

ネット販売だけでスタートしたてるみくらぶでしたが、ターゲットをシニア層にシフトしたかったらしく、ネットを使わないシニア層に対して対面販売をしたり紙面広告をすることにより、経費が増加。まあネットで売るだけでは他の会社との差別化ができず、方向転換しざるを得なかったのでしょうが、身の丈にあった経費の使い方をするべきでした。そしてその方向転換が間違っていたというか、思ったほど利益が上がらなかったんでしょうね。

そもそもネット販売だけという形でスタートしたのは、店舗を持たず、人件費もかけず、経費を抑えるためだったと思うのですが、その根本原則を変更したため自分で自分の首をしめることになってしまいました。

旅行が大好きな私としては、他の似たような会社が破産しないように祈るのみです。

2017 Jan. 14 今冬の初雪

今年の冬は暖冬で真冬の服がなかなか着られないな、と思っていたところ、とうとう冬将軍がこの松山にもやってきたようですね。

14日の夜から15日も雪!市内は積もりませんが。













何となくロマンチックです。

2016-17 お正月休み

明けましておめでとうございます。🎍

日米学院の冬休みは、12月25日から1月3日まででした。

久し振りに年末スキー🎿(スノボ)にも行きました。












芸北国際スキー場に行く途中に急に雪景色になったので撮影しました。
























ツアーカウンターのある建物にも氷柱が出来てました。












元旦にタオル美術館に福袋を買いに行きました。帰りに中にあるカフェでお茶したのですが、スコーンが美味しかったです。




















おせち料理 京都 栄寿庵 おせち三段重
¥16,200-




















初詣は、大三島神社⛩に。




















おみくじは、残念ながら凶でしたが女性は人に頼ってよい運勢で、縁談良しと書いてあったので満足しました。

暖かくて楽しいお正月休みでした。


映画 「後妻業の女」観に行きました!

あまり日本映画は見ない方ですが、面白そうだったので観に行きました。

主演は 大竹しのぶ 豊川悦司

大竹しのぶ演じる小夜子のセリフ
「趣味は、読書と夜空を見上げる事です。得意な料理はサバの味噌煮です。」

これが結構面白く、私も婚活の際は参考にしようと思いました。

日本は超高齢社会。ますます高齢者、熟年層の婚活が重要な問題になってきますね。

近所の衣山サンシャインに行ったのですが、上映時間が、9:40〜,12:20〜,17:35〜しかない!映画終わってお客さんウォッチしたら、かなり高齢層でした。

其処で9月下旬まで上映するそうです。

保育士国家試験合格!

去年から2年掛かりで勉強してきた保育士国家試験についに合格しました!

今年の筆記試験は4月下旬だったのですが、年明けから勉強を始め、体調を崩しながら(肩凝り、耳鳴り等)頑張りました。

そして7月上旬に実技試験(ピアノと素話)があり、緊張しましたが、失敗なく終了。プーケットから帰ってきたら合格通知が届いていました。





















やれやれ。あとは登録です。

もし、保育士試験受けた方がいたら、お疲れ様!と言いたいです。

筆記試験が独学だったので、しんどかったです。質問出来る人がいなかったし。

もう勉強したくないと思っています。


建築家 伊藤豊雄と大三島 

私事で恐縮ですが、私の出身地は愛媛県今治市大三島町です。松山の小学生達が大三島にある「少年自然の家」に行ったという話を聞きますが。

そして大三島になんとかという有名な建築家が建物を建てた、と噂には聞いていましたが実際に行ってみたことはありませんでした。

それが先日週刊文春を読んでいると、伊藤豊雄さんのことが「家の履歴書」というコラムに出ていたので、なんとなく読んでいるとなんと大三島という私のキーワードが出てきてびっくり。へえ、この人だったのか、と。

しかも最近建設費が膨らみすぎてしまった新国立競技場の件で伊藤豊雄さんがテレビに出ていたので、「こんなに有名な人だったのか。」と再びびっくり。

2015-07-24-14-34-30
2015年7月23日号に出ていました。

2015-07-24-14-33-28

2015-07-24-14-35-44

「大三島とはこれからもミュージアムを通じて、長い時間をかけて関わっていきたいと思います。」

彼のことを少しネットで検索してみました。7/3から展覧会「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2015」開催とありました。でも一体大三島とこの人とどうゆう関係なのか、まったく記事には書かれてなかったので、わかりませんでした。

そこで生まれ育って、「日本一美しい島」だとまでは思ってなかったけど、もしかしたらそうかも、と思えます。

大三島といえば:「鶴姫伝説」「一人相撲」「大山積神社」とか有名だけど。ビーチもきれいなのに人っ子一人泳いでなかったりするんですけど。

愛顔(えがお)のえひめ商品券 プレミアム付き商品券

image
やっと、先日7/12に商品券 我が家にも届きました。

20%もお得なのでこれは買わないと損、と思い¥40,000-分申し込んでいました。

そのうち来るかなと流暢に考えていましたが、ニュースで「届かない」「7/1から使えるのにその日に届いてないのはおかしい。」と苦情が多数来ていると聞きました。そうこうしているうちに、お詫びのメールが2度ほどとどき、松山市内や郵便局で受け取れるようにするなど、なんだか本当に大変なことになっているんだな、と実感しました。でも送付手続とダブってしまってはよけい複雑化しますが、そんなことをして大丈夫なのかと他人事ながら心配しました。

コミセンでも受け取れると聞き、ちょっと行ってみたい気もしましたが、行かなくて正解でした。「散々長く待たされた。」とこれもまたニュースになっていました。皆さん、お腹立ちの事と存じます。挙句の果てに準備数以上の人が来たため、その日にもらえなかった人もいたとか。何時間も待たされて、本当にご苦労お察しします。

まあとにかく、せっかく届いたのに私も使ってみました。まずはダイキで。おつりが出ないので不足分を現金で払うところがちょっとめんどくさいです。

7/21まで二次募集の申込受付もしているみたいですが、次回はちゃんと配布できるのか、どんな方法を考えているのでしょうか。きっと失敗から学んで次回は誰からも苦情の来ない完璧な方法を商工会議所も考えているにちがいありませんよね。楽しみです。

ホームページビルダー19を購入しました!

英会話の日米学院の広告についていつも頭を悩ませています。「広告に費やせる予算はあまりない中でもっとも効果的な広告とは。」これは永遠の悩みの1つです。

技術革新が目覚ましく、世の中はスマホ中心に回っているのかとおもわれるほど巷にはあふれるようになってきました。かくいう私はまだガラケーを愛用しています。(この’ガラケー’という言葉の意味もちょっと前に知ったばかりなんですが。)世の中に後れをとるまいとipadminiは契約しました。(私の主観でほかの方のタブレットをちょっと触ったことあるだけですが、アップルはいろいろな面で安心だし使いやすいと思います。)

なのでやっぱり広告はスマホ対応のものが良いよね、と考えてホームページをリニューアルすることを思いつきました。専門の方に頼もうと思っていたのですが、お金がないので知りあいに頼んだのですが、最近連絡がつかなくなってしまいました。入院でもしたのかな。

仕方がないので自分でやろうと思い、思い切ってホームページビルダー19を購入しました。一緒にマニュアル本もついているバリューパックを買いました。そして私は全くの素人。なので簡単そうなSPを使って作業中です。

サポートは一応あるのですが、操作方法についての電話質問は2回までです。今まで色々な段階を超えてきましたが、その各段階でいろいろ質問したかったのですが我慢してなんとか自分で乗り切ってきました。

今日どうしても心配なことがあり、電話しました。でも一般的な質問だったのでノーカウントにしてくれるそうです。とりあえずホッとしています。

そうですよね。延々と電話で素人から操作方法について聞かれたら、制限したくなるのも無理ないです。今日も電話が担当者につながるまで30分くらい待ちました。ちゃんと電話をかけ直してくれたので、対応については満足しています。

今回買ったホームページビルダー19はクラシック(今までの操作方法に近い)とSP(素人でもワード感覚で使えそうなソフト、でもやれることが限られています。)があり、通常サイトとワードプレスというサイトも作成が可能です。

お金を払えば(予約)作成方法のプライベートレッスンを受けることが出来るようです。どうしてもわからなかったら、これを利用するのも得策かと。

みごと当たりました!

SN3T1318
これ、最近松山で11月30日にあった福山雅治のコンサートチケット、持ち主はスタッフの河野美知子さんです。それが何だと思われたかもしれませんが、なんとこのチケットの列の番号を事前に当てた人がいるのです!! おもわずびっくりしたのでこのブログに書かせて頂きました。

このチケットの席の番号はコンサート当日にならないとわからないので、17列とわかったときは美知子さん、びっくりされたそうです。

当てたのは、日米学院の生徒さんのTさんです。この方、なんと他のこともたくさん予感が当たった事があって、今回が初めてではないそうです。

例えば.....

①お友達のその日の予定を聞いたとき、「その道は通らない方が良いと思うよ。」と忠告。すると後日その道が事故とかで大渋滞になったことがわかったことが何度かあるそうです。

②中四国で広島でしかアイコのコンサートがなかった年、そのコンサートチケットを手に入れることがなんとなく予感でわかっていた。(これだけでもすごいラッキーなことなんです。)しかもそこでとってもラッキーなことが起こることも。するとチケットをゲットできただけでなく、コンサート当日Tさんの息子さんがコンサート中にアイコに話しかけられておしゃべりすることが出来たそうです。

③Tさん達家族が食事に行くと、入るときはあまりお客さんがいないので帰る時までには店内がお客さんでいっぱいに。これはいつもらしいです。

④「今だ。」という予感がして、宝くじ売り場にスクラッチを買いに。前に一人人がいて、順番を譲ってから数枚購入すると、宝くじ売り場で受け取れないほど現金が当たり、銀行で受け取ったそうです。うらやましいですね。

私もスクラッチはいままでに何度か¥1000-くらい買ったことあるけど、全然当たりませんでした。まあ地方自治体に寄付するのだから、と自分に言い聞かせてます。宝くじも買わないとあたらないけど、私はくじ運悪いので買っても当たりそうにないです。

Tさんは上記例の他にもいろいろ予感が当たったことがあるそうですが、何回もそんなことがあるので、もう驚きはなくて日常化しているそうです。すごっ!

「押し売り」ならぬ「押し買い」に気を付けましょう

先日私の身の上に起こった「詐欺?」のような「おし買い」の出来事をお知らせしたいと思い、よもやま話のカテゴリーを追加した次第です。要するに皆様に気をつけていただきたいのです。

先日お休みでお家でごろごろしていた、多分午後4時すぎ、突然家の電話に電話がかかり、以下のような内容でした。

「捨てるような不要な服はありませんか?破れていても汚れていても大丈夫です。使わないバッグやコイン等でも買い取らせていただきます。もしよければそちらのお家のあたりを本日回っているので家に寄らせてもらって、買い取りさせて頂きたいのですが。」

以前似たような電話があった時は相手にしませんでしたが、ちょうど季節の変わり目でちょっと洋服を整理したい衝動に駆られていた矢先だったので、つい受けてしまったのです。もちろんブランド品はないし、ユニクロとかの服なんですけど、とは伝えていました。

1時間もしないうちに玄関に誰か来たのか、ピンポーンと鳴らす人影が。来たのは若そうな(20~30代)ちゃらちゃらした眼鏡をかけたお兄さん風。一応スーツとか来てたと思います。

早速玄関先で服や古いバッグを見せました。サイズが合わなくなったとはいえ、中にはデパートで買ったような服も中にはありました。そのお兄さんが3つの山に分け始めました。そして、「この山は500円で買い取ります。あとはお金になりませんね。」

中古品買い取りに持って行ってもあまりお金にならないのは知っていたので500円で十分だな、と満足していました。

するとそのお兄さんが、「アクセサリー持ってない?見せてくれるだけでいいから。アイパッドで写真を写して会社に送るだけでポイントになるんよ。こうゆう仕事だから歩合制みたいなもんで、ポイント貯まるとうれしいんやけど。お願い、助けると思って見せて!」言葉巧みでちょっとおネエ風のしゃべり方、そして大阪弁でした。

見せるだけならと思ってちょっと見せたら、「いい趣味してるやん。他の金色とか銀色の物、なんでもいいんやけど、見せてくれん?お願~い!」

何度か玄関口とリビングを通ううちにだんだん「これはおかしい。」と思い出しました。たまたま見せたイヤリングピアスケースの中に、台が14金でパールがついたイヤリングを発見されてしまいました。それが14金だなんて知りませんでしたが。

「ピアスしてたら、イヤリングもう使わへんやろ。これ、服と一緒で1万円で売ってくれへん?」とチャックの付いたビニール袋からさっと万札を一枚取り出しました。「これで精いっぱいなんよ。」

最初からはっきりと見せるだけで売るつもりはないと言っていた。これは人からの頂きものだから売らずに持っておきたい。パールは個人的に大好き。使わないかもしれないがとにかく持っておきたい。次に同じような品物をその値段では買えないと思う。等これらのことを主張し、その兄ちゃんと長々と押し問答してもなかなか帰ってもらえません。時間が長くなってきたので、これを言って帰らなかったら誰かに電話しようと思いました。

「お互いこんなことしてても時間の無駄だからもうやめにしましょう。これからやりたいことあるんで。」

次第に引き気味になってきたのがわかったので、良かったです。帰り際に「そんないけず言うんやったら、もう服も買わないから。」と言いながらプイと帰っていきました。やっと帰って行ってホッとしたのですが、残ったのはいらない服の山。そのあとリサイクル買い取りのお店に行ったら、¥198-位になりました。悲しい......

翌日消費者センターに電話したのですが、そういう人たちは最初から金プラチナを買い取りするのが目的だが、最初からそれを言うと警戒されるので、服の話をするらしい。独居老人などすでに被害にあっている人がたくさんいるということを聞きました。とにかく知らない人に家を教えたり来させないよう注意してください、と言われました。確かにその通り。

ちなみにこの会社、大阪の会社でエコ〇ナという会社でした。同じような手口の会社がたくさんあると思いますので、くれぐれもお気を付けください。
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ