日米学院マネージャーのブログ

日米学院マネージャーのつぶやきだと思ってください。

2013年10月

Fondente フォンデンテ(イタリアン)松山市祝谷

以前 sola にパンを買いに来たときにいっぱいで入れなかった2Fの Fondente にランチに行ってきました。今回は11:30に予約をして行ったのですが、初めは私たちの他1組ぐらいしかお客さんがいなかったのに、次第にいっぱいになってきました。やっぱり人気なんですね。

ランチは1000円代で手ごろでおいしかったです。これなら何回もこれますね。私はパスタが大好きなのでパスタランチにしました。デザートもおいしかったです。

SN3T0606

SN3T0605

SN3T0607

SN3T0608
前菜


SN3T0609
パスタランチのパスタは選べます。パンはお代わり可で sola のパンが食べられます。お代わりしたら種類の違うパンを持ってきてくれました。
飲み物は自家製ジンジャーエールにしました。ジンジャーが効いていておいしいです。

SN3T0610
デザート クリのアイスクリーム パンナコッタ ティラミス

SN3T0611
コーヒーが飲みたかったので追加で注文しました。お砂糖入れにしている小さなカップが可愛い!コーヒーは苦くなくて飲みやすかったです。

また行ってみたいです。


鶴鶴(うどん) 松山市清水町

うどんが実は大好きなんです。ずっと前の山越にあった「鶴鶴」は本当においしかったけど、数年前から味や麺が変わってしまい、ちょっとがっかりしていました。清水町に同じ名前のうどんやさんが出来ていたので寄ってみました。
 
山越の「鶴鶴」の姉妹店らしいですが、麺がいまいちです。今回はかき揚げうどんを注文しました。出汁は良いんだけどね。でもまあまあかな。近くだったらきっと通っていると思います。

SN3T0603
SN3T0602

SN3T0601

SN3T0604

Bar ゆめまぼろし 松山市一番町

知りあいの人に異業種交流会に誘われたので行ってみました。場所は松山市一番町のホテル東横イン松山の裏の方にあります。市内電車勝山駅から歩いてすぐでした。ここは店内のデコレーションがとっても変わっています。1Fは結婚式をするので洋風ですが、2Fから上は和風で他では絶対見られないようなデザインです。是非話のタネに行ってみてください。

SN3T0589
1F入口 なんだか洋風です。

SN3T0590
SN3T0591
SN3T0592
4Fのインテリア 暗くてなんだかよくわからないかもしれませんが、なんせすごいので行ってみる価値ありです。カウンター席の後ろに皮張りソファーのゆったり席が。

SN3T0593
3F貸切パーティー会場 イケメンのお兄さんがカクテルを作ってくれます。

SN3T0594

SN3T0595




CAFE CABARET カフェカバレ 松山市花園町

以前何回かここに来たことはありましたが、今回初めてランチを食べに行ってみました。ここの難点はエレベーターがないことです。楽器屋さんがある?ビル4Fにあるんですが、体の重い私にはしんどいです。やっと4Fに着いた時にはもう汗が出てきます。お水を飲んで3種類あるランチの中からハンバーグを選択。お茶付きで¥980- でした。ここのコーヒーは苦くないのでおいしいですよ。

夜来ても雰囲気あって食事もおいしそうです。

SN3T0584

SN3T0586

SN3T0587
SN3T0585
SN3T0588

sola ソラ 松山市祝谷のパン屋さん

お友達においしいと聞いたので、さっそく松山市祝谷にある sola にパンを買いに行きました。以前大好きだった食べ放題ビュッフェのあったクリスタルコート道後の道向かいにあります。ベテル病院すこし手前です。同じ建物内に Fondente フォンデンテ というイタリアンレストランやカフェ等もあります。どのお店もとっても可愛くておしゃれ。駐車場はいっぱいで人気を物語っていました。

SN3T0577

SN3T0578
多分お花屋さんです。

SN3T0582
2Fに上がるとイタリアンレストランとカフェがあります。ヨーロッパみたいでとってもおしゃれ。

SN3T0583

SN3T0579

SN3T0580
いろいろな種類のサンドイッチがありました。どれもおいしそう!

SN3T0581
試食も少しありましたがどれもおいしかったです。この写真の右上に少しだけ見えていますが、これがカレーパンでその場で1個から揚げてくれます。持ち帰りしましたが、家に着いてもまだすこし温かく、揚げたてをおいしくいただけました。

次回は二階にある Fondente に行きたいな。 



記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ